ネットワークエンジニアへの道

キャリアアップで転職を考える場合、あえて未知の分野に就職を希望する方も少なくないだろう。そのうち、需要もあって将来的にも活躍が期待できる職種としてネットワークエンジニアを志望する方も多く存在する。規定のルールに従ってコンピュータ同士を接続し、顧客の要望に最適なコンピュータ通信システムをチョイスして構築していくエンジニアのことだ。コンピュータネットワークを駆使して業務を行い、ネットワークの計画から運用までの業務を効率よく遂行することが求められる。

ネットワークエンジニアになるには、ハードウェアについての知識を身に付けることはもちろん、電気通信分野やコンピュータに関する基本設計も熟知していなければならない。ネットワークエンジニアが関わる仕事は、大きく分けて監視・運用、構築・保守、そして設計・提案だ。未経験の方は、監視・運用の部分から学びはじめ、実務経験を積みながら構築・保守を学び、設計・提案の分野に携わっていくことになる。

必要とされる知識や技術は専門的な上に幅広いため、独学では難しいので、専門学校などに通って専門性の高い教育を受け、より効率的に知識を身に付けたい。卒業後には、コンピュータの関連会社に仕事を得るのが一般的とされている。こうした会社では、顧客が希望する多種多様なリクエストに対応するため、実務を通して常に新しい知識を身に付けられるよう努力することが大切だ。
check!⇒⇒⇒転職志向者集合!ネットワークエンジニアになるには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です