企業のネットワークエンジニアになるには

企業にとって必要とされるネットワークエンジニアになるには、二つの方向性がある。専門性の高いネットワークインフラのハードウェアに強い専門家を目指すか、幅広いネットワークの分野で個々の専門家を束ねるマネジメントのポジションを目指すかである。

ハードウェアに強い専門家を目指すのであれば、どんなネットワーク系のプロジェクトでも必ず必要とされるサーバの知識があると、最前線のエンジニアとして必要とされる可能性が飛躍的に高まる。従って、目指すのであればサーバのすでに出来上がったところからの保守運用だけでなく、ゼロからの構築までできる知識を事前に蓄えておくことである。

その一方で、マネジメントのポジションになるには、サーバの構築までできるような深い専門知識はなくとも、サーバをつなぐネットワークそのものを構築するために必要な各種のハードウェアについての浅くとも幅広い知識があれば良い。あるいは過去にネットワーク構築の経験があってトラブルに対応したことのある問題解決能力などがアピールできるか、もしくはクライアントからの要求にあわせたネットワーク仕様を策定して提案できる設計レベルの上流工程がこなせれば、個々の機材についての専門知識がなくとも企業側にすれば十分なスキルである。

あとはハードウェア機器のメーカーによって細かく変わるコマンド体系や仕様の部分で、対応可能な機器のメーカーが多ければ多いほどさらに良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です